ダブルバックカードを使った3つのマジック(後編)

トランプ編

前回は、「ダブルバックカード」を使ったマジックをご紹介しました。

3つのマジックを紹介しましたが、解説を2回に分けています。

今回はその後編になります。

 

 

テーブルに広げた状態で、表と裏を混ぜていきましたが

今度は手に持った状態でも行ってみましょう!

テーブルが無い環境でマジックをやる際に必要になります。

 

 

また、3枚の1、2、3の数字のカードでエレベーターの現象を行っています。

これは以前にエレベーターカードで解説をしましたが、

ダブルバックカードを活用することで、より自然に簡単に行えるメリットがあります。

ただ、相手に全部のカードを見せれないデメリットもありますが…。

ここは好みになりますので使い分けていきましょう!

 

 

まずは前回の演技動画のおさらいです!


それでは、ここからは解説編へとなります。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント

タイトルとURLをコピーしました